Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<3つの名勝負で振り返る>
日本ダービー激闘録。~1990年アイネスフウジン編~ 

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/05/27 06:00

<3つの名勝負で振り返る>日本ダービー激闘録。~1990年アイネスフウジン編~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

この日の東京競馬場の入場者数は現在も更新されていない。このレース以降、GI勝利騎手にコールをする文化が生まれた。

手に汗握り、度肝を抜かれ、感情をあらわに叫んだあのレース――。1年に1度の祭典の魅力が詰まった3大勝負を紹介しよう。

【1990 アイネスフウジン】19万人の「ナカノコール」。

 話題は“レース後”でも、'90年ほど印象的だったダービーはない。優勝したアイネスフウジンが引き揚げてくるときに中野栄治騎手を称える大コールがおきたダービーである。

 ときはバブル経済の只中。オグリキャップという異能のスターホースの活躍もあって空前の競馬ブームがおきていた。その象徴となったのがこの年のダービーで、入場者は史上最多の19万6517人を数えている。1階スタンドはうごめく群衆で波が起きていた。


 '90年のダービー戦線は「三強」で展開していた。

 皐月賞に勝ったのは芦毛のハイセイコー産駒ハクタイセイで、5戦目で初勝利をあげたあと6連勝での優勝だった。ダービーでは単勝3.9倍の2番人気になる。本来ならば1番人気になるべき馬だったが、外枠(19番)に入ったことと2400mへの不安が微妙にオッズに反映されていた。

 代わって1番人気になったのは皐月賞3着メジロライアンで3.5倍。皐月賞では追い込んで惜敗した馬が、直線の長い東京になって人気を集めるのはよくあるパターンで、この年のそれがこの馬だった。

 1番人気の皐月賞で2着に負けたアイネスフウジンは3番人気に評価を落としていた。メジロライアンとは逆で、逃げ馬というのが評価が下がった一番の要因だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 962文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ダービー 栄光の瞬間。

Sports Graphic Number 902

日本ダービー 栄光の瞬間。

 

アイネスフウジン
中野栄治

競馬の前後の記事

ページトップ