スポーツ仕事人BACK NUMBER

立石敬之(欧州サッカークラブのCEO)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byby STVV

posted2018/07/26 11:00

立石敬之(欧州サッカークラブのCEO)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by by STVV

立石敬之さん。

【欧州サッカークラブのCEO】
ロシアW杯では多くの欧州組が躍動した日本代表だが、指導者として本場で活動する日本人はまだまだ少ない。ましてやクラブの経営に携わる者など数えるほどだ。だが昨季、ベルギーのクラブに日本人CEOが誕生した。

 日本サッカー界にとって、まだ成し遂げられていないことがある。それは日本資本による欧州クラブの安定経営だ。

 2004年、IT企業のインデックス社がフランス2部のグルノーブルを買収し、4年後に祖母井秀隆GMの手腕によって1部昇格を果たした。だが再び2部に降格し、インデックス社の経営が悪化して撤退。後味の悪い幕切れになった。'12年、実業家の坂本圭介がスペイン2部のサバデルのオーナーになったが、挑戦は3年で終了。'15年に本田圭佑の所属会社がオーストリア3部のSVホルンの実質的経営権を取得したが、フェイドアウトしつつある。日本資本は欧州の壁に跳ね返され続けてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1394文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

World Cup Russia 2018The Final

Sports Graphic Number 957

World Cup Russia 2018
The Final

 

立石敬之
シント・トロイデン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ