スポーツ仕事人BACK NUMBER

佐桐結鼓(フィギュアの衣裳デザイン)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2015/11/05 08:00

佐桐結鼓(フィギュアの衣裳デザイン)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

佐桐結鼓さん。

 フィギュアスケートは衣裳の華やかさも魅力だ。白銀の舞台に映えるデザインはどう生まれるのか?

 静寂なリンクで黙々と課題の図形を滑るコンパルソリーフィギュア(規定)は地味だった。競技が地味なら、選手も地味。衣裳は無地が多く、レースやラインストーンといった装飾も一切なし。それが'90年の世界大会を最後に廃止されると一転、フィギュアスケートは「氷上の総合芸術」に生まれ変わった。ジャンプやスピンといったアスリートの能力だけではなく、見た目の美しさも重視され、衣裳も年々華やかさを増している。


 クラシックバレエのコスチュームや社交ダンスのドレスを制作するチャコットは、世界大会や五輪に出場するトップスケーターのオーダーにも応えている。デザイナーの佐桐(さぎり)結鼓(ゆうこ)さんが手がける年間250着ほどのデザインのうち、20着程度はフィギュアスケートの衣裳だという。その多くがオーダーメイドだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1356文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

翔けよ、世界へ。~日本競馬 最強への軌跡~

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ