スポーツ仕事人BACK NUMBER

関野浩之(スタジアムアナウンサー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2014/07/14 06:00

関野浩之(スタジアムアナウンサー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

関野浩之さん。

 場内の熱気をあおる巧みなマイクパフォーマンス。声で観衆を魅了するMCの知られざる素顔とは!?

 プロ野球のオリックスがまだブルーウェーブだった'91年、日本初の男性球場アナウンサーが誕生した。「ライトフィールダー、イチロー・スッズキー!」と巻き舌気味の声が響き渡ってから二十余年。それまでウグイス嬢の独壇場であった会場アナウンスは、近ごろはエエ声の男性が席巻している。選手紹介は英語調というのもお約束で、そんな彼らはスタジアムDJと呼ばれている。

「英語調なのは……“DJ”だからでしょうね(笑)。僕は“スタジアムアナウンサー”ですから、英語調の選手紹介はやりません。たとえば“かがわしんじ せばんごうじゅうばん”と日本語で読み上げます。そもそもバイリンガルでも、帰国子女でもないし……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1364文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、誇りを懸けて。

Sports Graphic Number 2014/6/30臨時増刊

日本代表、誇りを懸けて。

 

関野浩之

プロ野球の前後の記事

ページトップ