スポーツ仕事人BACK NUMBER

友寄正人(プロ野球の審判員)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2013/08/04 08:00

友寄正人(プロ野球の審判員)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

友寄正人さん。

 野球中継の画面にはいつも姿が映っている。新連載第1回は、白球に眼を凝らす黒子の素顔に迫る!

 プロ野球における神とは誰だろうか? 川上哲治? 長嶋茂雄? 誰でもない。審判こそが神である。ストライクかボールか。アウトかセーフか。「審判員の判断に基づく裁定は最終のものである」と公認野球規則にあるとおり、審判の御託宣は絶対的だ。

「裁定に対して異議を唱えることは許されない」とも規定されている。グラウンドでの主役は選手たちでも、司るのは審判なのである。


 支配者たる審判の中でも、日本野球機構で「シニアクルーチーフ」の肩書きを持つ審判員の友寄正人さんは、異色の存在といっていいかもしれない。なにしろ選手としての野球経験は「ゼロに近い」のである。中学校に進学すると野球部に入部したが、理不尽な厳しさに嫌気が差し、すぐに「帰宅部」に転部した。選手としての経歴は以上で最後だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1302文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球の前後のコラム

ページトップ