SCORE CARDBACK NUMBER

移籍決定のライコネンがフェラーリ反撃の鍵に。~ハミルトンが独走、ベッテルを支える立場に徹せるか~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2018/09/27 07:00

移籍決定のライコネンがフェラーリ反撃の鍵に。~ハミルトンが独走、ベッテルを支える立場に徹せるか~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

ライコネンは来季、F1デビューしたザウバーへ。下位チーム移籍にも「アイスマン」は飄々とした態度を崩さない。

 ベッテルが崖っぷちに追い込まれた。シンガポールGPを3位で終え、今季7勝目のハミルトンとは40点差に。残りは6戦、自力Vの可能性は限りなく小さい。ハミルトンにリタイアなど無得点レースがない限り、このギャップを縮めるのが難しくなった。

 今後ベッテルが期待したいのは敵の自滅よりも、ライコネンのアシストだ。ロシアGP前の時点でランク3位。ベッテルとは既に67点差あるから、フェラーリはその役割を明確に指示すべきだ。理想はベッテルとの1-2フィニッシュ。ハミルトンを3位(15点)に抑え込めば、優勝25点で10点差を削り取れる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

キミ・ライコネン
セバスチャン・ベッテル
フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ