SCORE CARDBACK NUMBER

“シンデレラボーイ”西城から50年、新王者・伊藤雅雪との共通点とは。~テレビマネーを当てにできなくなった影響も~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/08/16 07:00

“シンデレラボーイ”西城から50年、新王者・伊藤雅雪との共通点とは。~テレビマネーを当てにできなくなった影響も~<Number Web> photograph by Getty Images

下町・亀戸にある伴流ジム初の世界王者となった伊藤。試合後に、世界のプロモーターからラブコールも届いた。

 本場米国のリングで世界のベルトを巻いたのだから、鼻高々の思いだったろう。日本時間7月29日、WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦がフロリダ州キシミーで行われ、伊藤雅雪(27)が不利を伝えられながらも、プエルトリコの不敗のホープ、クリストファー・ディアスに判定勝ちした。

 4回にダウンを奪った右からの連打は見事なコンビネーションだった。米国での世界王座獲得は三原正以来37年ぶり。さらに言えば、今年は西城正三が日本人ボクサーとして初めて海外で世界王座に就いて以来ちょうど50年目となる。無名から一躍ヒーローになった西城は「シンデレラボーイ」と騒がれたが、今回の伊藤にも共通点が少なくない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
伊藤雅雪
西城正三

ボクシングの前後の記事

ページトップ