SCORE CARDBACK NUMBER

日本人2人目のNBA出場なるか。渡邊雄太、夢舞台へ一歩前進。~小学2年からの「NBAに入りたい」という夢~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byUSA TODAY Sports/REUTERS/AFLO

posted2018/08/10 07:00

日本人2人目のNBA出場なるか。渡邊雄太、夢舞台へ一歩前進。~小学2年からの「NBAに入りたい」という夢~<Number Web> photograph by USA TODAY Sports/REUTERS/AFLO

サマーリーグはブルックリン・ネッツの一員として全5試合に出場した渡邊。最後の2 試合は先発で起用された。

 7月20日、渡邊雄太が、NBAメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を交わした。傘下のGリーグチーム、ハッスルに所属しながら、シーズン通して45日間までグリズリーズに呼ばれる可能性がある契約形態。本契約ではないとはいえ、シーズン中にNBAの試合に出場する可能性もある。子供のころから目標として掲げてきたNBAの、まさに玄関口に入ったぐらいの快挙だ。

 父、英幸によると、渡邊が最初に「NBAに入りたい」と口に出して言ったのは小学校2年のときだったという。両親とも元実業団選手で、母は元日本代表選手というバスケットボール一家。生まれたときからまわりにバスケットボールがあり、自然とプレーするようになった。よくテレビで見ていたコービー・ブライアントに憧れていたという。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

渡邊雄太
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ