SCORE CARDBACK NUMBER

パンパシ水泳で注目したい、萩野&瀬戸を追う“第3の男”。~藤森太将は東京五輪の2枠に食い込めるか~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/08/08 15:00

パンパシ水泳で注目したい、萩野&瀬戸を追う“第3の男”。~藤森太将は東京五輪の2枠に食い込めるか~<Number Web> photograph by KYODO

'16年競泳日本選手権男子200m個人メドレーでは萩野(中央)が優勝、2位に藤森(左)、3位に瀬戸(右)が入った。

 8月9日から14日まで、水泳の国際大会「パンパシフィック選手権」が東京で行なわれる。

 特に競泳は、今シーズン、好調をうかがわせる選手が多いだけに、日本勢の活躍が楽しみなところだ。中でも注目したいのは五輪メダリストである萩野公介、瀬戸大也の2枚看板がそろう200m個人メドレーだ。

 昨シーズン、右肘の手術の影響などで苦しんだ萩野は、代表選考会を兼ねた今春の日本選手権で、瀬戸をタッチの差でかわして優勝を果たした。

「自分の泳ぎに集中しつつも、大也の泳ぎが前半からけっこう行っているのが見えていました。俯瞰して見る感覚はすごく久しぶりで、楽しかったです」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
瀬戸大也
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ