SCORE CARDBACK NUMBER

幕下陥落の元大関照ノ富士。
退くべきか退かざるべきか。
~元大関の先輩たちの視線は厳しいが……~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/07/06 07:00

幕下陥落の元大関照ノ富士。退くべきか退かざるべきか。~元大関の先輩たちの視線は厳しいが……~<Number Web> photograph by KYODO

5月場所12日目、翔猿に押し出されて6敗目を喫した照ノ富士。「心はあるけど体がついていかない」と語った。

 元大関照ノ富士が、関取の地位を陥落し、幕下に番付を落としての現役続行を表明した。昭和以降の大関としては初めての例となる。両膝のケガにくわえ、糖尿病と腎臓結石も患い、先の5月場所では十両8枚目の地位で4日目から休場。11日目から再出場したものの、電車道で押し出され、1勝もできないまま0勝9敗6休の成績だった。太い丸太のようだった下半身は痩せ、「もう見ていられない」とファンが目を覆うほどの痛々しさだった。

 カド番脱出の翌場所、初日から4連敗して引退した元大関朝潮の高砂親方は、手厳しい。

「昔とは考え方が違うのだろうね。昇進の際、伝達式の口上で『大関の地位を汚さぬよう』と言うでしょう? 自分はその思いだった。返り咲く自信もなかったし、自分なりの引き際の美学を持っていたつもりです」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大関
照ノ富士

相撲の前後のコラム

ページトップ