SCORE CARDBACK NUMBER

「MVR」で時間短縮なるか。前田、ダルビッシュは懐疑的。~試合時間の短縮はMLBの悲願だが……~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/01 15:00

「MVR」で時間短縮なるか。前田、ダルビッシュは懐疑的。~試合時間の短縮はMLBの悲願だが……~<Number Web> photograph by Getty Images

MLBは「投球間隔20秒以内」、「捕手は1 イニング1 回だけマウンドにいける」策を提示したが選手会に拒否された。

 今季から各地の球場のスコアボードの一角に、得点や安打数などと並んで、見慣れない「MVR」などの表示が見られるようになった。ロイヤルズの本拠地で「Mound Visit Remains」と記されているように、各チームがマウンドへ行ける残り回数を示したものである。

 試合時間の短縮を目指す大リーグ機構は、今季から投手交代時を除き、監督、コーチだけでなく、捕手、野手がマウンドへ向かう回数を6回までに制限する新ルールを導入した。当初は、投手の投球間隔を20秒以内に制限する「ピッチ・クロック」の導入を検討していたが、選手会の猛烈な反対もあり、やむなく断念した。その代替案として実施されたのが、「最大6回」のルールだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 584文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ICHIROBACK TO MARINERS 2018

Sports Graphic Number 951

ICHIRO
BACK TO MARINERS 2018

 

前田健太
ダルビッシュ有

MLBの前後の記事

ページトップ