SCORE CARDBACK NUMBER

ネリのような体重超過は世界戦で頻発している。~どうせ剥奪ならオーバーウェイトで戦う、という開き直りを許すな~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2018/03/27 10:00

ネリのような体重超過は世界戦で頻発している。~どうせ剥奪ならオーバーウェイトで戦う、という開き直りを許すな~<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

両国国技館で行われた世界バンタム級タイトル戦、ネリは2回1分3秒TKOで勝利。試合後に山中は引退を表明した

 山中慎介のラストファイトを台無しにして勝ったルイス・ネリ。最近これほど後味の悪い試合があったろうか。

 試合前にリングに向かう時、そして山中を倒した後にも、大きなブーイングがネリの背に浴びせられた。日本のファンがこれほど強い反発を示した光景を過去に見た記憶がない。


 試合前日13時の公式計量でバンタム級リミット53.5kgを2.3kg上回り、2時間後に再び秤に乗ると1kg落ちていたが、もちろん失格。この時点でWBC世界バンタム級王座をはく奪された。対等の条件でリベンジに挑みたかった山中は「ふざけんな」と語気を荒げた。これが最後の試合と覚悟を決めて調整してきた山中には、実に酷な展開である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

僕らは本田圭佑を待っている。

Sports Graphic Number 948

僕らは本田圭佑を待っている。

 

山中慎介
ルイス・ネリ

ボクシングの前後の記事

ページトップ