Number ExBACK NUMBER

貴乃花親方と村田諒太が衝撃対談!
すべては究極の「強さ」のために……。

posted2018/03/29 08:00

 
貴乃花親方と村田諒太が衝撃対談!すべては究極の「強さ」のために……。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

帝拳ジムを訪問した貴乃花親方。ロンドン五輪での村田の戦いも見ていたという。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 リングサイドに足を踏み入れたスーツ姿の大男と挨拶を交わしながら、同じくスーツ姿のチャンピオンは軽く目を見開いた。

「初めてお目にかかりますが、テレビで見るより大きく感じますね」

 チャンピオン、村田諒太は思わず嘆声を漏らす。

「フフフ、最近ちょっと肥えたんですよ」

 笑って気さくに返した大男こそは、貴乃花光司。

 22年ぶり2人目の日本人ミドル級王者であり、4月15日にはエマヌエーレ・ブランダムラとの初の防衛戦を控えた村田と、22回もの優勝を誇り、いまだ史上最高の横綱の伝説は色あせない貴乃花親方。

 競技こそ違えど最強を追い求める者同士の、言葉の異種格闘技戦とも言える特別対談が、村田の本拠地・帝拳ジムで行われた。それは、常人にはうかがい知れない深みを垣間見せてくれるものとなった。

壁に胸を密着させて四股を踏めるのか?

 周知のように、貴乃花親方は実の父である先代貴ノ花を師匠にもつ。村田が瞠目した貴乃花の強さの秘密のひとつが、その父から伝授されたという「四股」だった。

「私の父はもともと水泳選手で、東京五輪に出るのが夢だったくらいだそうです。それで運動神経にはよほど自信があったんでしょうね。四股なんていうのも、壁にくっついていると身動き取れないじゃないですか。それで四股を踏むのが当たり前なんだと」

「それは壁に背中をつけるんですか?」

「いえ、胸をつけるんです。壁に密着して腰をおとして、足を上げる」

「えぇえ!?(笑)」

 村田を驚愕させた、丹田から体の軸を鍛える「四股」、そしてその型から足を進める「摺り足」、突き押しの腰の回転を鍛える「鉄砲」。

 貴乃花親方が基本中の基本であり、「それさえやっていれば、どうにかなっちゃう」という鍛錬の奥義が、眼前に実演つきで解き明かされる。

【次ページ】 「四股」という名称の語源とは?

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エマヌエーレ・ブランダムラ
貴乃花
村田諒太

相撲の前後のコラム

ページトップ