SCORE CARDBACK NUMBER

川崎初Vのセカンドエンジン。家長昭博の進化する走り。~天才と呼ばれた男が、実は併せ持つ「走る力」~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/23 17:00

川崎初Vのセカンドエンジン。家長昭博の進化する走り。~天才と呼ばれた男が、実は併せ持つ「走る力」~<Number Web> photograph by KYODO

新天地1年目の今シーズンは26試合に出場して4ゴールを記録したが、数字以上に、その走力で攻守に貢献した。

 セカンドエンジンという表現が実に相応しい。逆転でJ1を初制覇した川崎フロンターレ。ケガで出遅れた移籍1年目の“天才”家長昭博が3-1で勝利したホームの鹿島アントラーズ戦(8月13日)以降、先発に定着して猛チャージに一役買った。

 シビれるほどに巧く、滅法体が強いのは分かっている。ただ今年それ以上にインパクトがあったのは「走」だった。

 言葉ではなく、態度で示す人。チームが苦しいときにセカンドボール、プレッシングとド迫力で懸命に走る姿が周りを奮い立たせた。

 これは鬼木達監督が、しつこく要求してきた部分でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集>VOICE of 2017-18

Sports Graphic Number 942

<総力特集>
VOICE of 2017-18

 

川崎フロンターレ
家長昭博

Jリーグの前後の記事

ページトップ