SCORE CARDBACK NUMBER

全力疾走と「35億」。名古屋を沸かす
京田陽太。~センスではなく、練習量で
作り上げられた魅力~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/09/16 17:00

全力疾走と「35億」。名古屋を沸かす京田陽太。~センスではなく、練習量で作り上げられた魅力~<Number Web> photograph by KYODO

8月終了時点でセ・リーグ新人では唯一の規定打席到達と、球団では立浪以来となる野手の新人王も見えている。

 全力疾走を心掛けている選手でも、大学の最上級生ともなれば多少は抜くようになるものだ。まして名門野球部の主将が攻守交替の際、何のてらいもなく全力で走る姿は「滑稽ですらある」と、あるスカウトは苦笑いを浮かべていた。もちろん、それが彼の魅力であることは百も承知の上で――。

 ドラゴンズの京田陽太は、今も全力疾走を怠ることはない。石川県から甲子園を目指して青森山田へ進んだ。夢は叶わなかったものの、意識の高さはずっと持ち続けている。守りでは実戦を想定し、ミスをしてから投げる、ダイビングキャッチをしてから投げるといった練習にこだわった。子どもの頃から続けてきたカベ当ても欠かすことはない。高校時代の同級生は「京田の練習量はものすごかったし、根性もあった」と話す。京田は言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 574文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

 

中日ドラゴンズ
京田陽太

プロ野球の前後の記事

ページトップ