SCORE CARDBACK NUMBER

伊達、自分らしさを貫いた9年間の冒険
にピリオド。~2度目の引退は、
とことんもがく彼女らしい毎日だった~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/09/11 06:00

伊達、自分らしさを貫いた9年間の冒険にピリオド。~2度目の引退は、とことんもがく彼女らしい毎日だった~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2011年のウィンブルドンではセンターコートでビーナスと激戦を演じた。現役復帰後のハイライトのひとつだ。

『そう遠くない日』と言っていた日がとうとう訪れました――こんな書き出しで伊達公子は8月28日付けのブログを綴った。“2度目の引退”を決断したという。9月のジャパン女子オープンが最後の大会になる。

 '08年4月に37歳で現役復帰してから9年。最後の数年間は故障との戦いだった。昨年は左ひざを2度手術。この5月に復帰したが、体調は万全とは言えず、最後は右肩を痛めた。ブログにあるように〈勝負よりも自分の体と向き合うことで精一杯〉〈体を追い込みたくても追い込めないことが多くなっている〉のは、勝負することが何より好きで、鍛錬するのも大好きな彼女には耐えがたかっただろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

伊達公子

テニスの前後のコラム

ページトップ