SCORE CARDBACK NUMBER

宮崎敏郎の右打ち。極意は“あっち向いてホイ”?~ハンカチ世代の遅れてきた超大物は、言葉も独特~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/06/23 10:30

宮崎敏郎の右打ち。極意は“あっち向いてホイ”?~ハンカチ世代の遅れてきた超大物は、言葉も独特~<Number Web> photograph by KYODO

厳木高、日本文理大、セガサミーを経て’13年ドラフト6位でプロ入り。昨季は自己最多101試合、11本塁打と飛躍。

 厳しいに木、と書いて、“きゅうらぎ”と読む。佐賀県の厳木高校は、これまでに一度も甲子園に出場したことはない。

 2006年夏、厳木のエースだった宮崎敏郎は、佐賀県大会の初戦で姿を消した。だから、同い年の斎藤佑樹と田中将大が投げ合った甲子園の決勝は、テレビでも見ていない。

「野球見るの、好きじゃなかったんで(笑)」

 今年、ベイスターズでホセ・ロペス、筒香嘉智の後の5番を任される宮崎は、唐津のボーイズリーグでプレーしていた中学時代、福岡の同い年のピッチャーと対戦した。そのボールを見て、ショックを受けたのだという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
横浜DeNAベイスターズ
宮崎敏郎
厳木高校
吉川光夫

プロ野球の前後の記事

ページトップ