SCORE CARDBACK NUMBER

脳腫瘍から見事に復活した“暴走機関車”へのエール。~事故が相次ぐプロレス界に朗報~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2017/04/27 07:00

 新日本の本間朋晃が頸椎損傷、柴田勝頼が硬膜下血腫と、人気選手が相次ぐ負傷で長期欠場を余儀なくされるなか、全日本プロレスの外国人エース、ジョー・ドーリングが悪性脳腫瘍を克服。完全復活を果たし、明るいニュースを提供してくれた。

 元3冠ヘビー級王者のドーリングは195cm、135kgの巨漢。米国からの留学生で、全日本マット育ち。昨年、チャンピオン・カーニバルに出場メンバーとしてエントリーされながら、脳腫瘍が発覚した。急遽、手術を行なって成功し、今年1月に3試合の短期間ながら約1年5カ月ぶりの復帰。ファンと関係者をひと安心させたばかりだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

全日本プロレス
ジョー・ドーリング

プロレスの前後の記事

ページトップ