SCORE CARDBACK NUMBER

鳴戸親方が念願の部屋開き。欧州出身力士では初の師匠に。~大相撲の真の国際化はここから始まる~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/04/22 17:00

鳴戸親方が念願の部屋開き。欧州出身力士では初の師匠に。~大相撲の真の国際化はここから始まる~<Number Web> photograph by KYODO

鳴戸部屋の看板の前で3人の弟子と手を組む鳴戸親方。自身の叶わなかった綱取りの夢は弟子たちに託していく。

 ブルガリア出身、元大関琴欧洲の鳴戸親方が、4月1日、待望の独立を果たした。欧州出身力士としては初の師匠となる。日本に帰化した外国出身の親方が部屋を持つのは、ハワイ出身の元関脇高見山(先代東関親方)、元横綱武蔵丸の武蔵川親方以来3人目だ。ちなみに5月場所後からは、モンゴル出身では初めて、元関脇旭天鵬が友綱部屋を継承し、師匠となることも決まっている。

 鳴戸親方は、今は亡き先代師匠(元横綱琴櫻)に、現役時代から独立を勧められていたのだと明かす。

「大関に上がった時、先代が『今は国籍はブルガリアだけど、将来は独立して部屋を持ったほうがいい』と言って下さっていたんです」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

琴欧洲
鳴戸親方
琴櫻

相撲の前後のコラム

ページトップ