SCORE CARDBACK NUMBER

バックスに勝利を呼び込む身長211cmの
大型PG。~NBAに新たな潮流を巻き起こす
超万能の司令塔~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/12/15 17:00

バックスに勝利を呼び込む身長211cmの大型PG。~NBAに新たな潮流を巻き起こす超万能の司令塔~<Number Web> photograph by Getty Images

17歳でギリシャの2部リーグでプロデビュー、'13年NBAへ。長身ゆえ豪快なダンクも魅力。

 始まりは2年前だった。ミルウォーキー・バックスのヘッドコーチ、ジェイソン・キッドは、当時19歳だったヤニス・アデトクンボに「きょうの試合は君がポイントガード(以下PG)だ」と告げた。勝敗が関係ないプレシーズンの試合だったとはいえ、プロ2年目に司令塔の責を任せるのは特別なことだ。

 しかも、その2年目の選手が身長211cmの“ビッグマン”とくれば、まさに異例中の異例だ。キッドは長身ながらボールハンドリングもスムーズで、ガードを守ることもできるアデトクンボに、新タイプのPGの可能性を感じたのだ。「リーグに何人かめったにいない選手がいるけれど、私にとってヤニスはそういった珍種の一人」とキッドHCは言う。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ミルウォーキー・バックス
ジェイソン・キッド
ヤニス・アデトクンボ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ