ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

「愛」をもってテニスを語れ。
~0点をラブと呼ぶ理由、知ってる?~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byGetty Images/Wataru Sato

posted2016/11/20 17:00

「愛」をもってテニスを語れ。~0点をラブと呼ぶ理由、知ってる?~<Number Web> photograph by Getty Images/Wataru Sato

『ラブ・ゲーム テニスの歴史』エリザベス・ウィルソン著 野中邦子訳 白水社 3800円+税

 テニスのスコアでは0を「ラブ」というのはなぜか? 誰もが一度は疑問に思いながら、「まあ、そういうものだろう」とやり過ごしてきたこのスポーツの来歴が本書でやっと腑に落ちる。

 他にはない奇妙なスコア方式「ラブ=0」は、テニスに熱心だった修道士たちが使用していた時計の読み方と関係するという説から、試合前に賭け金を募った時の掛け声「愛か金か(ラブ・オア・マネー)」説まで様々なようだ。諸説のどれを支持するかは、この本を読んで考えて欲しいのだが、白黒はっきりつけることが目的の近代スポーツの中で、不思議とテニスにだけは謎めいた余白がまだある点に興味をひかれる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

エリザベス・ウィルソン
野中邦子

テニスの前後のコラム

ページトップ