SCORE CARDBACK NUMBER

昨夏から急成長の日比野、日の丸を背負い夢の舞台へ。~シャラポワ相手に手ごたえを感じ、リオへ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/08/04 08:00

昨夏から急成長の日比野、日の丸を背負い夢の舞台へ。~シャラポワ相手に手ごたえを感じ、リオへ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

日本テニス界期待の“'94年組”をリードする日比野が、リオ五輪シングルス出場権を掴んだ。

 五輪出場は「小さい頃からの夢」だった。7月中旬、ウィンブルドンから帰国した日比野菜緒は記者会見に臨み、「四大大会よりもフェドカップ(女子の国別対抗戦)やオリンピックは大事な大会です」と代表への思いを語った。

 ジュニアの四大大会も経験したが、当時は国内では二番手グループの一人だった。ロンドン、リオ五輪を目指す日本協会の強化策でも、中核は尾崎里紗、穂積絵莉といった選手で、日比野はその背中を見ていた。だから、18歳でのプロ転向にも迷いがあった。「テニスなんて好きじゃない」――そんな屈折した思いを口にしたこともある。今なら結果が出ないことへの言い訳と自己分析できるが、当時は実際、同年代と比較されて嫌気がさすこともあったという。ただ、プロ転向を決めたのも、そして五輪代表を勝ち取った原動力も、もとをたどればライバルへのギラギラした思いだったに違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 554文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Rio 2016 Preview>黄金の魂を。

Sports Graphic Number 907

<Rio 2016 Preview>
黄金の魂を。

 

日比野菜緒
リオデジャネイロ五輪

テニスの前後の記事

ページトップ