SCORE CARDBACK NUMBER

女子バレーの新司令塔、宮下遥が見せた覚悟。~木村沙織に31点を決めさせた試合前の宣言~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/08 08:00

女子バレーの新司令塔、宮下遥が見せた覚悟。~木村沙織に31点を決めさせた試合前の宣言~<Number Web> photograph by AFLO

日本チームは最終戦で強豪・オランダを下し、3位に入る。リオ五輪本番ではメダルを狙う。

「きょうはトスを全部、(木村)沙織さんに持っていきます」

 セッター宮下遥の目に、毅然とした光が浮かんでいた。

 5月14日から22日まで東京体育館で行なわれたバレーボール女子のリオデジャネイロ五輪・世界最終予選兼アジア大陸予選。日本が4大会連続の五輪切符に王手をかけて臨んだイタリア戦の開始前、21歳の司令塔は、キャプテンのエースアタッカー木村を前に、自らの決意を再確認するかのように、そう告げた。


 15歳でV・プレミアリーグデビューを飾り、18歳で全日本デビューも果たした逸材が、初めてほぼ1人でトスを上げきった今大会。木村は4日前の韓国戦で負傷した右手小指の痛みも忘れ、若き正セッターの思いを受け止め、31得点を決めた。エースの大活躍を引き出したのは、信念を貫いた宮下のトスワークだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 510文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

MLB2016イチロー未踏の地へ。

Sports Graphic Number 903

MLB2016
イチロー未踏の地へ。

 

宮下遥
リオデジャネイロ五輪

バレーボールの前後の記事

ページトップ