SCORE CARDBACK NUMBER

盟主ヤンキースの低迷はジラルディ監督の采配にあり。~勝ちパターンの絶対視は田中ら先発への冷遇に?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2016/06/04 08:00

盟主ヤンキースの低迷はジラルディ監督の采配にあり。~勝ちパターンの絶対視は田中ら先発への冷遇に?~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

オーナーのスタインブレナーは、ジラルディ監督を「よくやっている」と擁護するが……。

 世界一27回の歴史を持つ盟主ヤンキースが、開幕以来、低空飛行を続けている。4月中盤、白星先行の時期があったものの、4月24日に地区の最下位に転落。5月3日には借金が最大「8」まで膨れあがる事態に追い込まれた。

 低迷の理由は、単純ではない。昨季こそ地区2位に食い込み、ワイルドカード・ゲームにコマを進めたものの、A・ロドリゲス、カルロス・ベルトランら40歳前後の高額年俸のベテラン野手を抱え、世代交代は急務だった。だが、昨オフは積極的な補強を行わず、レギュラー陣はほぼ現有戦力のまま。本塁打依存の戦術に工夫はなく、慢性的な得点力不足は解消されていない。リーグ11位のチーム打率2割4分(5月21日時点)をはじめ、主要打撃部門の成績は下位に定着。田中将大をはじめ、先発投手陣も足並みが揃わず、4月下旬から宿敵レッドソックスに敵地で3連敗を喫するなど、チーム全体が重苦しい空気に包まれた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ニューヨーク・ヤンキース
ジョー・ジラルディ

MLBの前後のコラム

ページトップ