SCORE CARDBACK NUMBER

北の“すし職人”レアードは、何番でもホームランを握る。~日本ハムで9番も経験した助っ人の「明るさ」~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

posted2016/05/03 16:00

 握って握って~という掛け声とともに、巨大ビジョンに観客が大映しになる。すると誰もがすかさず両手ですしを握るパフォーマンスを繰り返す。イニング間に行われる“SUSHIカメラ”。札幌ドームですしと言えば、誰もがブランドン・レアードを思い浮かべる。

 すしが好物のレアードが、ホームランを打った後、すしを握る仕草を見せた。するとこれが人気を呼び、ファンがすしのぬいぐるみを持ち込んでレアードの応援を始めるようになった。来日1年目の去年、34本のホームランを放ったレアードは、今年も順調にホームランを重ねて、すしパフォーマンスを披露している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

岡崎慎司とレスターの衝撃。

Sports Graphic Number 901

岡崎慎司とレスターの衝撃。

 

ブランドン・レアード
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ