SCORE CARDBACK NUMBER

リハビリ期間でさらに成長。ダルビッシュが6月復帰へ。~「野球選手でない自分」がもたらした様々なプラス効果~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/08 06:00

リハビリ期間でさらに成長。ダルビッシュが6月復帰へ。~「野球選手でない自分」がもたらした様々なプラス効果~<Number Web> photograph by AFLO

平らなマウンドでの投球ではカーブやカット系の変化球も試し、順調な回復ぶりを見せた。

 孤独で、苦しいイメージのあるリハビリ中にもかかわらず、レンジャーズのダルビッシュ有は、時折、柔らかな笑みを浮かべていた。メジャー5年目となるキャンプ初日。他の先発投手陣とは、一部別メニューながらも、久しぶりのユニホーム姿に、自然と声も弾んだ。

「気楽に始まりましたね。体作りも順調ですし、状態もすごくいいです」

 昨年3月、オープン戦の登板中に違和感を訴え、緊急降板。右肘靱帯の損傷が判明し、同17日に「トミー・ジョン」と呼ばれる再生手術を受けた。それから約11カ月。復帰へ向けて、自ら「順調」と語るダルビッシュは、心身ともにスケールアップしていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ダルビッシュ有

MLBの前後のコラム

ページトップ