SCORE CARDBACK NUMBER

日本競馬への影響力を高めるUAEの大馬主。~個人馬主ではすでにトップの「殿下」とは?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/13 17:00

日本競馬への影響力を高めるUAEの大馬主。~個人馬主ではすでにトップの「殿下」とは?~<Number Web> photograph by Getty Images

ドバイワールドカップの創設者('96年)でもあるモハメド殿下。'49年7月15日生まれの66歳。

 アメリカジョッキークラブカップ(1月24日、中山芝2200m、GII)を貫禄の違いを示す素晴らしい内容で勝ったディサイファ(牡7歳、美浦・小島太厩舎、父ディープインパクト、母ミズナ)は、ドバイ首長国の首長であり、アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領と首相をも兼任するムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下の持ち馬。'09年から国外居住馬主を認めた日本の競馬に、生産牧場も同時に展開するオーナーブリーダーとして真っ先に参入してきた人物だ。日本の競馬を実際に観戦したのは'11年のダービーに所有馬のデボネアが参戦したときだけだが、規模は年々拡大していて、いまでは3歳64頭、4歳以上55頭の計119頭を所有する、日本でも屈指の大馬主となった。JRAにおいての登録名は「H.H.シェイク・モハメド」。なお、H.H.は殿下を意味するHis Highnessである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ディサイファ

競馬の前後のコラム

ページトップ