SCORE CARDBACK NUMBER

求めるのは「いいテニス」。奈良くるみが貫く信念。~「こうすればいいのに」と人に言われても~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2015/10/15 06:00

求めるのは「いいテニス」。奈良くるみが貫く信念。~「こうすればいいのに」と人に言われても~<Number Web> photograph by Mannys Photography

初戦では土居美咲との日本人対決を制した奈良だったが、2回戦はストレートで敗戦した。

 外野席から好き勝手にものを言うのが仕事だから、試合を見て、もっとこうすればいいのにと思うこともある。ときに、それをじかに選手にぶつける。厳しく切り返されるかというと案外そうでもなくて、選手は大抵、冷静に穏やかに自分の考えを述べる。こちらもそれ以上は食い下がらず、黙ってメモを取る。生煮えといえば生煮えだが、ならば次の試合を見ようと自分を納得させる。黙って見るのも我々の仕事なのである。

 そうやって、この1年、奈良くるみの試合を見てきた。昨年のウィンブルドン以降、彼女が上位にどう挑むか注目していたのだ。その大会で奈良はビーナス・ウィリアムズに敗れた。ただ、第1セットは接戦、番狂わせの好機だったからこそ、会見で「相手は上位。もっとリスクを負って攻める余地はなかったのか」と聞いた。奈良は「早い段階でウイナーを狙うタイプではないので、足を生かすプレーをやっていったほうがよかったと思う」。冷静で隙のない返答だった。しかし、同年2月にツアー初優勝と上り調子の奈良だけに、一か八か、野心むき出しで元女王に挑む姿も見てみたかったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL CLIMAX 2015

Sports Graphic Number 887

BASEBALL CLIMAX 2015

 

奈良くるみ

テニスの前後の記事

ページトップ