SCORE CARDBACK NUMBER

「新日本に棚橋あり」を見せつけられた8月。~オカダに主役は渡せない~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/09/27 06:00

「新日本に棚橋あり」を見せつけられた8月。~オカダに主役は渡せない~<Number Web> photograph by Essei Hara

G1クライマックスを制した直後、ゲスト解説で訪れていた武藤、蝶野に祝福される棚橋。

 好調・新日本プロレスの熱源はやはり棚橋弘至である。そんな空気を肌で感じた今年のG1クライマックスだった。

 8月16日、東京・両国国技館のリング。本誌882号 の特集企画「新日本プロレス総選挙」 でトップ(表紙)にもなった棚橋が、ライバル中邑真輔を32分15秒、看板技ハイフライフローの連発でふりきって、8年ぶり2度目の優勝を飾った。

 棚橋はこの勝利により、来春1月4日、東京ドーム大会のIWGPヘビー級王座挑戦権利証も手にしている。


 しかしこのことで、今年の棚橋の戦いが“ひと区切り”ついたわけではまったくない。一夜明けの記者会見で、「ボクはまだ、G1で負けたファレと内藤が残っている。この2人とはドームまでにやりたい」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
新日本プロレス
棚橋弘至

プロレスの前後の記事

ページトップ