Number on NumberBACK NUMBER

パ・リーグ最高打率。~1994年と2000年のイチローと近藤健介を比べてみると……~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKazuaki Nishiyama

posted2017/06/10 17:00

パ・リーグ最高打率。~1994年と2000年のイチローと近藤健介を比べてみると……~<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama

自身の最高打率を記録した2000年のイチローの出塁率は.460。こちらも現時点でキャリアハイの数字となっている。

 日本ハムの近藤健介がパ・リーグの打率ランキングでトップに立っている。5月25日の時点(以下同じ)で打率.423、123打数52安打を記録している。チームの試合消化はまだ43試合という段階で、今年の最終的な打率やタイトル獲得について、はっきりしたことは言えない。だが、2015年に打率.326を打ってパ・リーグで3位になった近藤が今年、自己ベストを更新することは、まず間違いないだろう。

 最終的な打率がどうなるにせよ、日本プロ野球の最高打率、阪神のランディ・バース(1986年)の「.389」、あるいはオリックス時代のイチロー(2000年)が残したパ・リーグの最高打率「.387」に、どこまで迫れるのか。これは、興味のあるところだ。ここでは、近藤と同じパ・リーグの最高打率を残しているイチローの打撃成績と比較しながら、近藤の特徴について考えてみたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1540文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

イチロー
近藤健介

プロ野球の前後の記事

ページトップ