Number on NumberBACK NUMBER

米大リーグの二刀流。~大谷翔平を迎え入れる土壌はナ・リーグが優位?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/11 17:00

米大リーグの二刀流。~大谷翔平を迎え入れる土壌はナ・リーグが優位?~<Number Web> photograph by AFLO

ザンブラーノは、各チームの監督・コーチの投票によって選出されるシルバースラッガー賞を3度受賞している。

 大谷翔平が日本プロ野球でプレーするのは、2017年が最後になるかも知れない。どのようなシーズンになるかにもよるので、最終的に決まったわけではないと思うが、2017年のオフにポスティングシステムで米大リーグへ移籍する可能性があることはすでに報道されている通りだ。

 米大リーグでも「二刀流」でプレーするのかという点は野球ファンの興味の的だ。日本ハムでやっている二刀流はともかく、ナ・リーグの球団と契約すれば、投手も打席に立つチャンスがあることは間違いない。米大リーグの歴史を振り返れば、ナ・リーグの投手には、打撃でも活躍した選手が少なくない。ア・リーグでDH制が採用されたのは1973年だから、1972年以前はア・リーグにも打撃で優れた成績を残した投手がいた。あくまで投手としてプレーしながら、打撃でも活躍した「二刀流」の選手について書いてみたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

大谷翔平
マディソン・バムガーナー
カルロス・ザンブラーノ
ドン・ニューカム

MLBの前後の記事

ページトップ