Number on NumberBACK NUMBER

ドジャースの選手年俸。~類を見ない大盤振る舞い~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/16 06:00

ドジャースの選手年俸。~類を見ない大盤振る舞い~<Number Web> photograph by AFLO

キャンプ地でのドジャースバッテリー組。前田(左端)のほか、チーム最高年俸のC・カーショー(右端)の姿も。

 前田健太が入団したドジャースは、多くの日本人選手がプレーしてきた歴史ある球団だ。野茂英雄、石井一久、斎藤隆、黒田博樹。こういった選手たちの活躍を通して、ドジャースは日本の野球ファンにとって親しみのある存在になっている。そう言っていいだろう。

 しかし、ピーター・オマリーがオーナーだった1998年3月までのドジャースと、現在のドジャースでは、ずいぶんタイプの違うチームになってしまったと言える。現在、球団を所有しているのは2012年3月に買収を発表した、元NBAの大スター、マジック・ジョンソン氏らの投資グループ。この投資グループがオーナーになって以降、ドジャースは、選手年俸の総額でヤンキースを追い抜き、米大リーグ全体のトップに躍り出た。その大金の投入ぶりは、米国のプロスポーツ全体を見渡しても、まったく類を見ないほどの大盤振る舞いだ。米国メディアによると'16年の年俸総額は約2億4832万ドル。1ドル110円で換算しても約273億円という、とてつもない金額になっている(円換算は以下同じ)。2位のヤンキースでも約2億2157万ドル(約244億円)である。総額2億ドルを超えているのは、この2チームだけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

俺たちのJ 2016その先の世界へ――。
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ