Number on NumberBACK NUMBER

卓球女子、10代の躍進。~日本選手権でベスト8中6人が10代!~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/02/17 06:00

卓球女子、10代の躍進。~日本選手権でベスト8中6人が10代!~<Number Web> photograph by AFLO

日本選手権での会見のひとこま。ともに2000年生まれの平野美宇(左)、伊藤美誠は3月に中学を卒業予定。

 卓球の日本選手権は、注目の女子シングルスで石川佳純が3連覇を達成する一方、ベスト8に10代の選手が6人も入るという、ジュニア世代のレベルの高さをまざまざと見せつける大会となった。

 今年、ベスト8の中で20代は、優勝した石川22歳と、松澤茉里奈23歳だけ。あとは6回戦で福原愛を破った加藤杏華19歳をはじめ、佐藤瞳18歳、浜本由惟17歳、平野美宇15歳、伊藤美誠15歳、早田ひな15歳だった。年齢はいずれも1月17日に終了した大会開催時点のもの。浜本、平野、伊藤、早田の4人はジュニアの年代に属している。しかも、ベスト4に残った石川、加藤、平野、伊藤の中で20代は石川だけだ。石川は加藤との準決勝で4-0、平野との決勝も4-1と力の差を見せつける優勝だったが、10代選手たちの実力が、日本のトップレベルまで上がってきたことだけは間違いない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後のコラム

ページトップ