ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

試合結果を載せないことは、サッカー愛の欠落ではない。~管理されたジャーナリズムの限界を超えるために~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2017/01/18 17:00

試合結果を載せないことは、サッカー愛の欠落ではない。~管理されたジャーナリズムの限界を超えるために~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『SHUKYU Magazine 3』SHUKYU 1500円+税

「最近、サッカー雑誌を読んでないなぁ」という方、多いのでは? 新メディアの台頭で、紙媒体の存在意義が問われていることは誰もが感じている。

 けれど、即時性という点では不利なサッカー誌業界にも面白い胎動は起こっている。海外に目を向けると近年『11FREUNDE』(独)、『Panenka』(西)、『THE GREEN SOCCER JOURNAL』(英)などユニークなインディペンデント雑誌が多数誕生した。彼らの武器は、書き手の一人称を全開にした記事と美しいデザイン。そして、サッカーを90分のゲームのみで捉えず、社会や文化、歴史との関連で掘り下げる姿勢だ。この東京発の『SHUKYU Magazine』もそんな新しいサッカー誌の仲間といえるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 349文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Go for the Top~2017テニス開幕特集~

Sports Graphic Number 919

Go for the Top
~2017テニス開幕特集~

 

海外サッカーの前後の記事

ページトップ