新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『オリンピックと万博――巨大イベントのデザイン史』巨大国家イベントの開催意義を、戦後日本のデザイン史から探る。 

text by

おぐらりゅうじ

おぐらりゅうじRyuji Ogura

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/04/11 15:00

『オリンピックと万博――巨大イベントのデザイン史』巨大国家イベントの開催意義を、戦後日本のデザイン史から探る。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『オリンピックと万博――巨大イベントのデザイン史』暮沢剛巳著 ちくま新書 860円+税

 5年後に東京オリンピックを控えた2015年、公式エンブレムとメインスタジアムという、開催にあたって支柱となるべき2つのデザイン事案が揉めに揉めた末に、いずれも白紙撤回となった。しかし、開催が目前に迫った状況下ではこの大失態に落ち込んでいる暇はないばかりか、2025年に向けて万博を大阪へ誘致する国家事業も着々と進んでいる。

 そんなオリンピックと万博という国を挙げての巨大イベントを、デザインの観点から論じることが本書のテーマである。かつてこの国は、1964年に東京オリンピックを、1970年に大阪万博を開催している。ともに戦後復興という切実なテーマのもと、高度成長期というタイミングで国民が一致団結した輝かしい時代を象徴する出来事として語られることも多いが、その内実は現代にも深く通じている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 654文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

\#横浜優勝/ベイスターズが愛されるワケ。
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ