Before The GameBACK NUMBER

ルールを何のためにつくるのか。~自動敬遠もいいが、その前に今のルールを徹底せよ~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

posted2017/03/27 10:30

ルールを何のためにつくるのか。~自動敬遠もいいが、その前に今のルールを徹底せよ~<Number Web>

 1972年のワールド・シリーズ。'70年代を席巻した「ビッグ・レッドマシーン」シンシナティ・レッズが対戦したのは、当時のオーナー指令で選手が長髪にヒゲを生やして「マスタシュ・ギャング」と呼ばれたオークランド・アスレチックス。率いたのは策士ディック・ウイリアムズ監督だった。

 第3戦の8回にアスレチックスが2死二、三塁のピンチを迎える。打席のジョニー・ベンチに対してフルカウントになるとウイリアムズがマウンドに走り、身振り手振りでバッテリーに指示を与えた。試合再開。すると捕手のジーン・テナスが立ち上がり一塁を指差し、誰もが敬遠と思った直後だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1007文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

怪物たちのセンバツ。

Sports Graphic Number 923

怪物たちのセンバツ。

 

ロブ・マンフレッド
熊崎勝彦
新庄剛志

プロ野球の前後の記事

ページトップ