Before The GameBACK NUMBER

指名する自由、拒否する自由。
~ドラフト4位以下なら社会人、と宣言して
いた選手を6位で指名することの責任~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/11/29 09:00

指名する自由、拒否する自由。~ドラフト4位以下なら社会人、と宣言していた選手を6位で指名することの責任~<Number Web> photograph by KYODO

JR東日本への入社を決めた履正社高・山口裕次郎投手。

 1986年のドラフト会議で西武の1位指名は、当時、全く無名だった森山良二投手だった。福岡大大濠高時代に甲子園出場したが、早大進学を目指して2浪後に北九州大学に入学。ところがそこも2年で中退して、野球部もない食品会社「ONOフーズ」に籍を置いていた。

 仕掛け人は辣腕で鳴らした西武・根本陸夫管理部長である。この年の早い段階から森山の存在を知ると1位指名を決定。知り合いが経営する会社に籍を置かせる一方、シーズン中には西武が提携していた米独立リーグのサンノゼ・ビーズに派遣して、バレないように中国人名でプレーさせる裏技を駆使した。その末の電撃指名だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1020文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、新たなる希望。~W杯アジア最終予選前半戦総括~
森山良二
根本陸夫
履正社高校
山口裕次郎
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ