Before The GameBACK NUMBER

華麗で、ときに泥臭く。
~平尾誠二は「ミスター・ラグビー」に
収まらない複雑な「個」だった~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/11/17 08:00

華麗で、ときに泥臭く。~平尾誠二は「ミスター・ラグビー」に収まらない複雑な「個」だった~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

日本代表キャップ35。第2回ワールドカップで宿澤ジャパンの初勝利にも貢献した。

 京都に『五條長兵衛』という漬物と佃煮の店がある。うまい。

 そこの主人が言った。

「タックルする。そう決めたら激しかった。ああいう天才肌の人って、ジャージィが最後まで汚れないイメージがあるでしょう。そうではありませんでした」

 平尾誠二を語っている。


 突然のようにラグビー好きを虚しさが襲った。その53歳の死に際して、本稿は、現役時代の勇姿への追慕をこめて「敬称略」を通すのを許していただきたい。

 五條長兵衛主人、中村隆夫は若き日、本田技研鈴鹿ラグビー部(現・ホンダヒート)のバックスとして関西リーグで神戸製鋼と戦った。「平尾さんとは3試合」。いっぺん雨の日があった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 994文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

男たちの日本シリーズ。~広島vs.日本ハム 6戦の物語~
平尾誠二
同志社大学
五條長兵衛
伏見工業高校
神戸製鋼
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ