SCORE CARDBACK NUMBER

御世代わりの1年に、角界でも
世代交代は進むか。~稀勢の里が
引退、他の横綱も曲がり角に~

posted2019/02/04 07:00

 
御世代わりの1年に、角界でも世代交代は進むか。~稀勢の里が引退、他の横綱も曲がり角に~<Number Web> photograph by KYODO

初場所中日は平成最後の天覧相撲に。両陛下は白鵬や貴景勝の勝利に拍手を送り、引退の稀勢の里を案じられた。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 1年初めの初場所は、その年の大相撲界を占う大事な場所だと言われている。2019年の幕開けは、上位陣が崩れ、波乱の場所となった。

 まずは進退を賭けて臨んだ稀勢の里が3連敗を喫して引退し、6日目からは鶴竜が11月九州場所に続いて休場を決めた。大関・栃ノ心は4連敗後に休場、豪栄道、高安も成績が振るわずに優勝争いから脱落。昨年は初賜杯を抱き、初日から5連勝と勢いに乗っていた小結の御嶽海も、負傷して途中休場(11日目から再出場)――。中日8日目、平成最後の天覧相撲は実に寂しいものとなってしまった。


 一人横綱として土俵に上がる白鵬は、序盤戦は薄氷で勝ち星を拾った相撲も何番か見られたものの、いずれも白鵬の巧さと身体能力の高さを見せつけた一番となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカーベテラン特集>カズの秘訣。

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ