ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムが語るアジア杯初戦と中東勢。
「日本は本物のサッカーを見せた」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2019/01/13 09:00

オシムが語るアジア杯初戦と中東勢。「日本は本物のサッカーを見せた」<Number Web> photograph by JFA/AFLO

大きな国際大会の初戦はいつでも難しい……そのことを差し引いても、オシムはこの試合を高く評価した。

「この試合に満足できないならば……」

「もちろん世代交代は必要だ。

 若い選手をこのような大会で起用するのはリスクが伴うが、起用しなければチームは何も変わらない。積極的に起用すべきだし、今日のように彼らはスピーディーかつシンプルに、独善に陥るのでなくコレクティブにプレーする。

 幾人かの選手は個の能力の高さで素晴らしいプレーができることを示したが、それはそれで悪くない。

 今後に向けて準備を万端に進められれば、特に言うことはないだろう。今日のこの試合に満足できないのであれば、これから先もどれほど満足できるものか……。

 試合がまだ続いているが、オマーンはいつまでたってもオマーンのままだ。守備はいいのだが攻撃は……。

 ウズベキスタンもテクニックではオマーンを上回っているが、違いを作り出すまでには至っていない。サッカーで重要であるのは効率だ。

 そういうわけだ。ではまた」

――メルシー、イバン。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ