ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムが語るアジア杯初戦と中東勢。
「日本は本物のサッカーを見せた」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2019/01/13 09:00

オシムが語るアジア杯初戦と中東勢。「日本は本物のサッカーを見せた」<Number Web> photograph by JFA/AFLO

大きな国際大会の初戦はいつでも難しい……そのことを差し引いても、オシムはこの試合を高く評価した。

「日本が見せたのは本物のサッカー」

「日本が見せたのは本物のサッカーであるといえる。

 個としてはオマーンもウズベキスタンも決して悪くはない。リーグのレベルもそれなりだろう。だが、それがチームとなると、日本との差が随所に現われる。

 チームとしての意志に大きな差があるし、日本は選手もその中で存分に自分の役割と個の能力を発揮している。ロングシュートやプレーの加速……。

 とりわけ2点目はワンツーやヘディングを交えたコンビネーションが素晴らしかった。一見に値するプレーであったし日本の進化を示したプレーでもあった。日本が着実にいいチームに成長しつつあることが感じられた。日本はリスペクトを受けて然るべきチームになろうとしている。

 たしかにゴールキーパーは少し眠っていたが、大したことにはならなかった。大事には至らなかったが、少し注意した方がいい。今日のサッカーではロングシュートの一発で試合が決まることがある。そのときにGKが眠っていては勝つのは難しい」

日本は、この試合に満足すべきである。

「日本のゴールはいずれも素晴らしかった。見事なコンビネーションと個人技。とても美しいゴールで、だからこそ満足すべきだ。私はそう思う。

 チームは着実に進化している。他のチームがどうかあまり良くは知らないが、日本はすでに随分先を歩いている。

 もちろん韓国やイラン、中国なども警戒は必要だが、日本は優勝しても決しておかしくはない。世界との差も縮まっている。

 フィジカル面で進化し、選手はよりスピーディーに、より機動性に富むようになった。技術も進歩して、以前よりずっと効率のいいプレーができる。この方向で進んでいくべきだ。今日の試合を見て、改めてそう思った」

【次ページ】 「この試合に満足できないならば……」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ