福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が森保Jに見たプラス要素。
「遠藤航のボール回収力が大きい」 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/01/15 11:40

福西崇史が森保Jに見たプラス要素。「遠藤航のボール回収力が大きい」<Number Web> photograph by AFLO

アジアカップ初出場となった遠藤航。彼が入って中盤が落ち着いたことで、無失点勝利を呼び込んだ。

ウズベク戦は底上げの機会。

 また森保監督が「総力戦」と表現していましたが、ウズベキスタン戦ではここまで出番が限られていたり、出場していなかったメンバーにチャンスを与える可能性が高そうです。その選手たちだって、出るからには勝ちにいくのはもちろんだし、自分の持ち味をアピールしてくれるはず。

 チームを底上げできるチャンスを、わざわざ“消化試合”にする必要はありません。今大会から決勝まで7試合になったところで、レギュラーの疲労軽減のために一気に入れ替えるのか、ある程度ここまでの連係を保つのか。ウズベキスタン戦の起用法は、森保監督がその辺りのチーム作りをどう考えているのかが見えてくる一戦とも言えます。

 そしてアジアカップにとどまらず、ワールドカップに向けての強化と考えれば、1人でも多くの選手がプレー機会を得た方がいい。

 これまで出られていない選手すべてに注目してますが、ワールドカップ経験組である青山と乾、そして現在UAEでプレーしている塩谷に注目したいところです。

 サンフレッチェ時代に森保監督のもとでプレーした塩谷が最終ラインの万能型として機能すれば、新たな選択肢ができる。そういった引き出しを増やしていくことで、チーム全体の成長を図ってほしいところです。

(構成・茂野聡士)

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
福西崇史
遠藤航
塩谷司

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ