新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『サバイバルボディー 人類の失われた身体能力
を取り戻す』短パン姿でキリマンジャロ登頂!?
世界的探検家も驚く方法とは。

posted2019/01/10 07:00

 
『サバイバルボディー 人類の失われた身体能力を取り戻す』短パン姿でキリマンジャロ登頂!?世界的探検家も驚く方法とは。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『サバイバルボディー 人類の失われた身体能力を取り戻す』スコット・カーニー著 小林由香利訳 白水社 2200円+税

text by

石川直樹

石川直樹Naoki Ishikawa

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 道具の進化によって、極地遠征の難易度が昔よりもあきらかに低くなっている、と思いこんでいた。しかし読後には、そうとも言い切れないのではないか、と考えるようになった。例えば、未踏峰だったエベレストの頂をマロリーが目指した時代よりも、アウトドアで使用する服ははるかに軽く、暖かく進化した。だがその一方で、肝心の人間の環境への適応力が落ちてしまった。寒さにも弱くなったがゆえに、昔と比べて高所登山が容易になったとは言えない。科学技術に頼ることになった分、人間の身体機能があらゆる意味で低下していることを、本書は実体験に基づいて端的に示してくれる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 741文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<スポーツブーム平成史>熱狂を超えろ。

他競技の前後の記事

ページトップ