猛牛のささやきBACK NUMBER

金子千尋が自由契約前に話し込んだ、
オリックスの未来と自身の葛藤。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/12/14 08:00

金子千尋が自由契約前に話し込んだ、オリックスの未来と自身の葛藤。<Number Web> photograph by Kyodo News

金子千尋はオリックスで最多勝2回、最多奪三振1回、最優秀防御率1回、2014年には沢村賞、パ・リーグMVPを受賞した。

西もFAで阪神移籍。

 金子の豊富な知識や理論にはチームの誰もが一目置いている。若手にとっては一見近づきがたいオーラがあるが、一歩踏み込めば知識や技術を惜しみなく伝えてくれる。ただ、自分から積極的に周囲に意見することはない。

 金子が、勝つために必要だと思って突き詰めているものと、球団が金子にエースとして期待するものには、もしかしたらズレがあったのかもしれない。

 このオフは、金子に続き、今年開幕投手を務め、チームで唯一の2桁勝利を挙げた西勇輝も、阪神へのFA移籍を発表した。長年、先発ローテーションの柱となってきた2人が抜けることは当然大きい。

 しかし低迷から抜け出せないでいるオリックスが変わるためには、チャンスかもしれない。

山岡「不安はいっさいない」。

 金子、西が抜けたチームで、来年以降のエース格として期待される山岡泰輔は、「不安はいっさいないです。楽しみだし、楽しんでいないとやれない」と言う。

「2人は周りからの信頼感が違った。『今日は金子が投げるから大丈夫だろう』、『西が投げるから大丈夫だろう』って。自分もそう思われるような選手になりたい。上の人たちが出ていくのは寂しいですけど、いいタイミングだと、チームが変わるチャンスだと思って全員がやっていければ、チームは変わるんじゃないかと思います」

 一時代の終わりは次の時代の幕開け。

 オリックスにどんな新時代が訪れるのか、山岡の言葉が期待を持たせてくれた。と同時に、「金子弌大」と登録名変更し、新天地で再スタートを切った金子の、凄みのある投球を再び見たいとも願う。

関連記事

BACK 1 2 3 4
金子千尋
オリックス・バファローズ
西勇輝
山岡泰輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ