JリーグPRESSBACK NUMBER

J1あと一歩まで迫ったロティーナ。
ヴェルディを去る智将に見た教養。 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/12/13 10:30

J1あと一歩まで迫ったロティーナ。ヴェルディを去る智将に見た教養。<Number Web> photograph by Getty Images

ヴェルディで2年間を過ごしたロティーナ監督。スペイン帰国後、地元紙に来季も日本で指導する意向を示したという。

「大事なのは、選手です」

 最後の囲み取材でその問いを立てると、「エレガントに言えば、私は年を取っている、それだけのことです。この場ではさまざまな話ができて楽しかったですね。時には私も考えさせられることがあり、人間としてよりよい成長ができたように感じます」と軽くはぐらかされた。

 以前、ロティーナ監督は仕事選びで重視するポイントをこう明言している。

「大事なのは、選手です。そこにどんな選手がいて、トレーニングしたいと思えるか。いくら条件のよいオファーであっても、魅力的な選手がいなければ私はその仕事を受けません」

 ポリシーの根幹をなすリアリズムに、感傷や甘えの入る余地はない。来季の監督就任のオファーを受諾したとすれば、手腕を発揮できる戦力と環境を見込んでのことだろう。

 そうして、美しい言葉を美しく語る古つわものは、再来日を約束して機上の人となった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ミゲル・アンヘル・ロティーナ
東京ヴェルディ

Jリーグの前後の記事

ページトップ