SCORE CARDBACK NUMBER

冬眠状態の日本を尻目に、
アメリカ市場が話題独占!
~2011年、日本格闘技界の危機~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/01/28 06:00

冬眠状態の日本を尻目に、アメリカ市場が話題独占!~2011年、日本格闘技界の危機~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

UFC76でマット・ワイマンと対戦し判定負けした小見川。2月がUFC3戦目の試合

 1月中旬の時点で日本のビッグイベントのスケジュールは何も発表されていない。それとは対照的に、アメリカの格闘技市場は相変わらず元気だ。

 その頂点といえるUFCに挑戦する日本人選手もあとを絶たない。1月1日のUFC125には五味隆典が登場したが、“名勝負製造機”クレイ・グイダのギロチンチョークの前に一本負けを喫してしまった。これでUFCでの戦績は1勝2敗。次がラストチャンスだろうか。

 昨年までUFCが認定する王座はその五味が活動するライト級が最軽量だった。しかし、ライト級以下が充実したWECがUFCに統合されたことに伴い、今春からフェザー級やバンタム級のタイトルマッチも組まれることになった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

小見川道大
山本"KID"徳郁

格闘技の前後のコラム

ページトップ