沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

なぜリスグラシューは差し切れたか。
エリザベス女王杯を決した「魔法」。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/11/12 11:30

なぜリスグラシューは差し切れたか。エリザベス女王杯を決した「魔法」。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

岩田康誠のクロコスミアが逃げ切るかと見えた展開を、モレイラとリスグラシューが一撃でひっくり返した。

何があったか、馬に訊いてみたい。

 リスグラシューは、ほかのすべての出走馬とは別の流れのなかでレースをした。かつて、ディープインパクトは、どんなペースでもまとめて差し切ったし、サイレンススズカは、他馬が追跡不能な速さで走るなど、「流れ不問」の強さを見せた。

 モレイラの力を借りて、リスグラシューはそういうレースをした。もちろん、過去の戦績が示しているように、リスグラシューはいつGIを勝っても不思議ではない実力を持っていた。だとしても、この日はやはり、プラスアルファの力を発揮したのではないか。

 これほど「何があったのか、馬に訊いてみたい」と思ったレースは久しぶりだ。

 なお、この日の第9レースで、モレイラはJRA通算100勝をマークした。そして、エリザベス女王杯がこの日の5勝目。第1レースから第11レースのエリザベス女王杯まですべて外国人ジョッキーが勝っていたが、最終レースで藤岡佑介が意地を見せた。

関連記事

BACK 1 2 3
ジョアン・モレイラ
リスグラシュー

競馬の前後の記事

ページトップ