バスケットボールPRESSBACK NUMBER

千葉・田口成浩はBリーグ1の陽キャラ。
「イチローさんっぽいことを」 

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/10/27 10:00

千葉・田口成浩はBリーグ1の陽キャラ。「イチローさんっぽいことを」<Number Web> photograph by B.LEAGUE

秋田では中心選手として、「おいさー」の掛け声とともにチームを支えた田口。千葉ではリーグ制覇に貢献したい。

石井も「切磋琢磨」しあう。

 田口も言うように、石井は競い合う相手とはいってもチームメイトという大前提がある。石井も田口と同様に「切磋琢磨」という表現を使い、田口との関係性をこう説明する。

「開幕戦でスタートじゃなかったことに関しては別にネガティブな気持ちもなく、どれだけ貢献できるかということだけを考えていました。移籍してきたことについても、僕はマイペースなほうなので(笑)他の人のことは考えず、自分がコントロールできることだけに集中してやっています。

 練習から切磋琢磨することがチームにとってもプラスなので、彼が入ってきたことは良いことだと思います。僕は長くこのチームでプレーしてきて、新しく入ってきた選手にも伝えられることがある。同じシューターとして、彼にもチームで積み上げてきたものを練習中から伝えることは多いです」

富樫も認めるムードメーカー。

 石井はまた、「明るい性格でチームの雰囲気をガラッと変えてくれるし、それがチームにも僕にも良い刺激になっている」と田口を評する。

 試合中の千葉のベンチに目を向けると、田口が1人立ち上がってコート上の選手に激励の声を飛ばしていることが多い。「昨シーズン、うちにはそういう選手がいなかった」と指摘するのは、かつて秋田でチームメイトだった富樫勇樹。当時から「兄弟のように仲が良い」(田口)という富樫は、チーム内の誰よりも田口のことを理解している。

「ベンチでもコート外でも、常にチームメイトに声をかける選手。スタッツには全く表れないところですが、そういう貢献度はすごくあると思います。秋田ではファーストオプションで、出場時間も30分近くあって、自分の好きなプレーもできた状況。

 今そうではないことは彼自身もよくわかっていると思いますし、そこでチームにアジャストして活躍してくれるかどうかは彼次第。3ポイントという武器はありますが、今もそれ以外の泥臭い部分などで貢献してくれていると思います」

【次ページ】 「イチローさんが好きなので」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ジェッツ
秋田ノーザンハピネッツ
田口成浩

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ