SCORE CARDBACK NUMBER

ブレイクした山沢拓也とレジェンドの共通点。
~日本ラグビーにやってきたカーターと、
ケガから復活した才能~

posted2018/10/13 16:30

 
ブレイクした山沢拓也とレジェンドの共通点。~日本ラグビーにやってきたカーターと、ケガから復活した才能~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

昨季は15試合中先発は4試合にとどまるも、今季は開幕から4戦連続先発。4節時点で41得点は得点ランク2位。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

「特別なことは何もしないね」

 あきれたようなつぶやきが聞こえた。

 9月14日。神戸製鋼に加入した世界の英雄ダン・カーターの日本デビュー戦。秩父宮ラグビー場には1万7576人がつめかけた。

 この夜のカーターは1T2G4PGの21得点。トリッキーなパスを投げるわけでもロングキックを蹴るわけでもないが、常に大きく首を動かして目を配り、周りの選手と話す。ピッチのすべては背番号10が掌握していた。

「すべてのプレーヤーの手本ですね」

 敗れたサントリーの沢木敬介監督は脱帽した。しかしスーパースターは自らを誇らない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

山沢拓也
ダン・カーター
パナソニックワイルドナイツ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ