沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「日本で一番強い牝馬」を見逃すな。
秋華賞はアーモンドアイの晴舞台だ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/10/13 10:30

「日本で一番強い牝馬」を見逃すな。秋華賞はアーモンドアイの晴舞台だ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ローズステークスをカンタービレで制したルメールだが、秋華賞はアーモンドアイに騎乗する。

「見るレース」かもしれないが。

 アーモンドアイが引いたのは6枠11番。12番オスカールビー、13番ミッキーチャーム、17番サヤカチャン、18番ダンサールなど、逃げ・先行馬が自分より外に数頭いるが、それらを先に行かせ、好位か中団でレースを進めることになるだろう。

 2着探しのレースになると思うが、やはり、桜花賞前までは力関係がアーモンドアイと逆ではないかと思わせる強さを見せていたラッキーライラックが1番手か。こちらは、アーモンドアイのように、早くからぶっつけを予定していたわけではなく、脚元に不安が出たためトライアルを見送ることになった。それでも、2週つづけて併せ馬で追い切り、臨戦態勢は整った。

 これは「買うレース」ではなく「見るレース」なのかもしれないが、せっかく馬券が売られているのだから、ワクワク感を高める材料として、アーモンドアイとラッキーライラックの1、2着固定の3連単などを買ってみようと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
アーモンドアイ
クリストフ・ルメール

競馬の前後の記事

ページトップ